【ダイの大冒険】ダイの覚醒は全部で3回!竜魔人変身で作中最強へ

ダイ

ダイの大冒険の主人公でモンスターに育てられた勇者ダイ。

作中で恐ろしい程のスピードで成長していきますが、実は神が造ったと言われる伝説の竜の騎士という超戦士と人間のハーフであることが判明します。

戦闘力の成長スピードもさることながらダイは竜の騎士特有の、いや、もはや竜の騎士を超えた力を身につけていきます。

そして、ここぞというところで覚醒、とてつもないパワーを得ることになります。

おまけにダイは作中では3回覚醒シーンがあり、覚醒するたびに敵を圧倒していきます。

今回はそんな激アツなダイの覚醒シーンと強さについて見ていこうと思います!

また、本記事については完全にネタバレが含まれているため

まだアニメを見ていない!
本で読むまで楽しみにしたい!

という方はご注意ください。

それでは、早速見ていきましょう!

1回目の覚醒はデルムリン島

最初の覚醒は育ったデルムリン島にレオナが訪れたときでした。

レオナは賢者になるため由緒ある儀式を執り行う為にデルムリン島を訪れるのですが、その時お供していた大臣と賢者が裏で結託し、レオナ姫を亡き者にしようとしていました。

その陰謀に巻き込まれ、ダイとレオナは深い洞穴に落とされてしまいます。

レオナを救うために竜の騎士の”紋章”が目覚めた

洞穴に落とされたレオナは毒を負っており、早いところ治療をしなければ命が危ない状態です。

ですが洞穴には出口はなく、レオナの生命が危機にされされます。(というか、ダイも出られなきゃヤバいです)

そんな中、ダイはレオナを守るためにカラッ切り使えなかった呪文を唱え、洞穴に雷を落として見事脱出。

このとき、額には竜の紋章と呼ばれる文様が浮き出ていました。

ちなみに、ドラクエ好きな人であればあのときの雷が勇者だけが使うことができる「ディン系」の雷だって、すぐにピンときましたよねw

竜の紋章がでると超強化される

ちょっと余談ですが、竜の騎士は竜の紋章を出すことができ、竜の紋章が出ている間は「竜闘気(ドラゴニックオーラ)」と呼ばれるエネルギーに包まれます。

この闘気に包まれている間はどんな呪文も通じず肉体も超強化され、クロコダインの渾身の斧の一振りを片腕で止めていました。

更にヤバいのが、竜の紋章には過去歴代の竜の騎士の戦闘経験値が蓄積されているため、竜の騎士は生まれながらにして戦闘のスペシャリストということ。

完全に強くてニューゲームです。

ですがダイはというと竜の騎士と人間のハーフのため、過去の戦士たちの経験値は持っていません。

ただ経験値がなくてもとんでもない強さを持っていることには違いないんですよね。

しかし、真の竜の騎士は竜魔人と呼ばれるバックスバトルフォームに変身することができますが、人間との混血児であるダイは変身することができません。

若干制限を掛けられてしまっている感じだったんですね。

それでも、魔軍司令ハドラーが鼻水を出すほど強かったというのは変えようのない事実ですねw

2回目の覚醒はバーンパレスにて

2回目の覚醒についてはバーンパレスの心臓部、レオナが敵に捕まった時です。

レオナが魔力炉と呼ばれるバーンパレスの心臓部を担っているモンスターに囚われ、かなり危険な状況になります。

しかし、一緒にいたダイは実力が及ばずレオナを救出することができません。

これで終わりか、、、、と、諦めかけたその時、さらなる力に覚醒します。

ダイの竜の紋章は右手の甲に浮き出ているのですが、なんと左手にも竜の紋章が現れることに、、、、!

真の竜の騎士バランから”紋章”を継承

ダイは生まれたときから持っていた竜の紋章と、父親である正当な竜の騎士バランから受け継いだ竜の紋章の2つを持っていました。

そしてピンチになった時にバランから受け継いだ紋章が覚醒、両手の甲に竜の紋章が浮かび上がり「双竜紋」が発言します。

双竜紋が浮き出たダイは本来竜魔人に変身しなければ使用することができない必殺技「ドルオーラ」を使用可能に。

ドルオーラとはあまりにも強力すぎる威力のため通常の肉体では耐えることができず、竜魔人に変身したときでなければ使えない超大技です。

このことから双竜紋を出したダイは真の竜の騎士が竜魔人に変身したときの強さと同等の強さを手に入れているとみることができます。

3回目は最終決戦!竜魔人化へ

最後の覚醒は、なんとできないとされていた竜魔人への変身です!

大魔王バーンとの決戦も大詰めとなりますが、やはり実力に大きな差があり、パーティー全滅が濃厚となっていきます。

そこでダイが選んだ選択、、、それは、竜の紋章のパワーを全開まで上げることでした。

ダイは拳にあった2つの紋章を額に移し、力を前回まで高めていきます。

そして、竜の騎士最強のマックスバトルフォーム竜魔人に変身しました。

真の竜の騎士の紋章を継承したことで変身可能に

先程、ダイは人間との混血児のため竜魔人に変身はできないと言いましたが、、、

正当な竜の騎士であるバランから正当な竜の紋章を受け継いだことにより変身が可能になったんです。

ただ見た目はバランのような魔獣っぽい見た目ではなく、かなり人間の割合が多い姿になっていました。

というか見た目だけで言えば全然魔獣感はありません。

ですが、ダイの竜魔人の強さはとんでもないものに、、、、。

竜魔人の強さは異次元!大魔王バーンを素手で圧倒

竜の紋章を全開放し竜魔人へと変身したダイですが、その強さはまさに異次元。

これまでパーティー全員で挑み苦戦を強いられていた大魔王バーンを、素手でボッコボコにしていきます。

そして圧倒されていた大魔王バーンの必殺技も腕で受け止めてしまうほど(恐らくほぼノーダメで)

あまりにも強い竜魔人ですが、、、ダイはリスクを考慮して使用することをためらっていたんです。

竜魔人になったら元に戻れないかも?最終回ではどうなる

ダイは実は「まじで力出したら竜魔人になれるかも?」と、思いつつ最後の最後まで竜魔人になることをためらっていたんです。

そんなに強いならさっさとなって倒せばいいのに!!と思うかもしれませんが、、、

ダイは自分が竜魔人になったらどんな姿になるかを全く想像できなかったんですよね。

できれば人間の姿のまま、人間の勇者として大魔王と戦いたおい、、、そんな理由から竜魔人になることをためらっていました。

更に竜魔人に変身してしまった後、ちゃんと元の姿に戻れるかどうかも気にしていました。

もしかしたら一生魔獣の姿かもしれない、、、、このリスクもダイが竜魔人にならなかった理由です。

ですが最後の最後でパーティーが全滅し人間の世界が消されてしまうかもしれない時、、、、ダイは自分の全てを投げ売ってまで打倒大魔王バーンに挑んだんです。

最強の竜の騎士のダイくんが、、、、まじで味方でよかった、、、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そして最終回、、、、見事大魔王バーンを破りみんなの元に帰ってきた(というか降ってきた)ダイは、いつもどおりの勇者ダイに戻っていたんです。

いや、、、ほんとに良かった、、、力を出し切って元にに戻ったのか、、、または倒すべき相手を倒したので戻ったのかは定かではありませんが、、、、

いいんです、細かいことは!!!!元の姿になったんだからw

ダイの覚醒は全部で3回!大魔王バーンを圧倒するヤバい戦闘力

と、ここまでダイの覚醒について見ていきましたが、いかがだったでしょうか。

ダイは作中で3回覚醒をします。

最初はレオナを助けるためデルムリン島で竜の紋章が発言。

続いては同じくレオナを助けるため2つ目の竜の紋章が発言。

そして最後は竜の紋章の力を前回にし竜魔人へと変身します。

覚醒するたびに敵を圧倒していくダイの姿は見ていて物凄い気持ちいものでしたね!

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。