※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ちるふぃるむは炎上したことある!?声優や顔バレなども気になる!

アイキャッチ

皆さんは、ちるふぃるむをご存知ですか?

平成フラミンゴやゆりいちちゃんねる、おかんとむすめなどの人気クリエイターが所属するYouTuber事務所リバティタウンに所属しているWebアニメを投稿するYouTubeチャンネルで、2023年8月末現在、チャンネル登録者数は51万人を超えています!!

幼馴染みのりつ君とうたちゃん、保護猫たま太郎との同居の様子を描いたストーリーを中心に、2人の共通の仲間にフォーカスしたストーリーも複数展開されています。

特にりつとうたのストーリーでは、幼馴染みの友達だけどどこかもどかしくなるようなリアルな人間模様が描かれており、少女漫画や月9ドラマを見ているようなきゅんきゅん要素や尊さがYouTubeで観れると大人気です。

勢いに乗るちるふぃるむですが、チャンネル設立は2021年11月とまだまだ新しいチャンネルで、情報も少ないです。今回は炎上の有無、声優、顔バレなど、気になる情報を調べてみました。よろしければ最後までご覧ください!

ちるふぃるむは炎上した!?気になる疑惑も

検索候補に”炎上”というワードは出てきますが、実際に調べてもその事実は出てきません。

SNSで検索をかけても、検索結果は0件でした。

興味本位で調べられているだけなのでしょうか?

もう少し深く調べてみたところ、炎上という言葉の代わりにパクリという言葉で、それに近い内容が出てきました。

マリマリマリーというYouTubeチャンネルのパクリだと言われているようです。

マリマリマリーの動画も観てみると、確かに絵のタッチや登場人物の喋り方が似ているようにも見えました。

初期の動画のタイトルも青春を彷彿とさせるもので、ぱっと見でそう思う方もいるのも無理がなさそうです。

ですが、マリマリマリーの動画はどれもコント仕立てで、サムネイルに”コント”とついていない初期の動画も、内容はコント系です。

一方のちるふぃるむは、同じアニメでもコント要素はほぼ皆無で、ドラマ仕立ての清純派青春ストーリーです。

系統が違うので、パクリとは言えないと個人的には思いましたね。

ちるふぃるむの声優は?

ちるふぃるむの声は、どことなく棒読みな感じがするのが特徴的ですよね。気になって調べてみましたが、残念ながら情報は得られませんでした。

かなり作り込まれたストーリーなので、プロの方があえて棒読みにしている可能性はなかなか考えにくそうです。

ちるふぃるむは、YouTubeに先立って活動していたTikTokで、3ヶ月でフォロワー40万人に到達した、いわゆる急成長クリエイターです。

何気なく始めたチャンネルが大きくなり事務所に所属したパターンも考えられます。

一般の方が声を当てている可能性の方が考えられそうです。

また、妙にリアルなストーリーであることから、実話では?てか実話であってほしい!という声も多く聞かれるこのチャンネル。

事務所のホームページではキャラクターIPと紹介されていますが、実話ベースで実在する一般の方が声優という可能性もゼロではないとも考えると、ワクワクしますね…!

活動を続ける中で情報が出るのを、皆さんと一緒に待ちたいと思います。

ちるふぃるむは顔バレはしている?

続いてはちるふぃるむの顔バレについてです!

こちらに関しても、残念ながら情報は得られませんでした。

先程、実話であることを願う声について触れましたが、大学や地域が実在するもので描かれているため、もし実話や実話ベースであれば、動画に出てくるヒントをもとにいつか情報が出る可能性もゼロではありません。

https://youtube.com/shorts/Qd9uVUwSaWc?si=iTiimp432GMk_S4U
https://youtube.com/shorts/Qd9uVUwSaWc?si=iTiimp432GMk_S4U

高校時代について描かれたショート動画で、うたは駒澤大学を志望していると話していました。

さらに、ペット可の物件を探す動画で、物件の条件の1つが三軒茶屋エリアで、実際にそこに住むのが決まったことから、志望通り駒澤大学に進学した可能性が高いですかね。

同じ動画で、偏差値は60ないくらいとも話していたことから、学部は文学部の可能性が高いです。また、りつがうたの履修登録を真似する内容のショート動画があることから、りつもうたと同じ駒澤大学文学部と考えられます。

https://youtube.com/shorts/ouOhd2u-7rM?si=E7GJrJIXRURxPSey
https://youtube.com/shorts/ouOhd2u-7rM?si=E7GJrJIXRURxPSey

ただ、ひとくちに文学部といっても、学科によってかなり偏差値のばらつきがあり、60よりかなり低い学科もあることや、2人共良い意味であまり特徴のない聞き馴染みのある声であること、さらに活動開始から2年近く経っていることから、学科までを特定したり、実在する場合でも学内で”もしかしてあの人…!?”となることは、なかなか難しいかもしれませんね。

まとめ

まだまだ謎に包まれたちるふぃるむについて調べてみましたが、いかがでしたか?

マリマリマリーのパクリという疑惑が出ていたが、実際の内容は全然異なる中の人に関する情報は不明だが、りつとうたは駒澤大学文学部に通っている可能性が高いということが分かりました。

調べていく中で、動画のコメント欄がとても温かい声で溢れていたのが印象的でした。

冒頭でもお話したような、少女漫画や月9ドラマを連想させる親しみやすく清らかな内容が、そのような声を引き寄せているのかもしれません。

この勢いで、どんどん温かいファンが増えていくことを願っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です